とにかく楽に安く

カラーチャート

配布までワンストップ提供

印刷業界では今や、格安・激安でチラシ印刷などを請け負う業者がしのぎを削っています。その多くは、ネット経由で注文を受け、納品まで一度も依頼者と業者が顔を合わすことなく完了する形態をとっています。印刷工程のデジタル化が進み、設備や技術が向上したことによって、このようなサービスが可能になりました。10年あるいは20年前ならば考えにくかったことでしょう。激安印刷業者といえば気になるのが製品の品質ですが、特別に色目にこだわる必要のある媒体でない限り、一般にチラシ印刷として十分なレベルだといえます。とくに、数百部から一万部前後のチラシ製作には最適です。従来の、大手印刷会社の印刷設備は大規模媒体、例えば数十万から数百万部またはそれ以上のものに対応する代わりに、少部数、また小サイズだと価格的に割高になるケースも少なくありません。それに対し激安業者の多くは少部数・小サイズに適した設備を使用するため、低価格が実現できるのです。大手印刷会社もこれに対抗するべく、低価格サービスの部門を強化するなどの動きが盛んになっています。依頼する際には複数の業者から見積もりをとって比較してみましょう。激安業者同士でも、料金区分の違いや、保有設備の違いなどから料金に差が見られることがあるからです。さらに、チラシ印刷を依頼するメリットとして、印刷後そのまま配布までを代行して請け負うワンストップサービスを展開するところも増えています。新聞への折り込み、各戸へのポスティングといったサービスが格安で設定されています。料金は印刷単価・配布単価と部数で決まりますが、印刷単価と配布単価を合計しても一部あたり数円から10円前後、例えば1,000部のチラシを印刷・配布して10,000円ぐらいがひとつの目安のようです。チラシ印刷に限らず、事業者でも、個人でもかなり気軽に利用できるものといえそうです。